スタジオの紹介

岡崎スタジオは自宅の一室でやっているパーソナルトレーニングです。

設備はスポーツクラブにあるよう筋トレマシンはなく、フリーウェイト(ダンベルやバーベルなど)のみのシンプルなものとなっています。フリーウェイトは正しいフォームを習得するのは難しいですが、

  • 全身を少ない種目でバランス良く鍛える事ができる
  • 実生活に直結する動きを鍛えられる
  • 正しいフォームを学べばどこでも使える

といったメリットがあり、競技者ではない普通の人が「使える筋肉」を身につけるには最適の方法だと考えています。

リアルにアットホームなジム

自宅の一室でやっているので、良くも悪くも本当にアットホームなジムです。それが「安心できる」と感じられる方には向いていますし、そういう雰囲気が嫌いな方にはオススメではありません。その点はご注意下さい。

設備の紹介

ケーブルスミスラック

当スタジオで一番大きな設備で、スミスマシンとケーブルマシンを一体化したものです。

スミスマシンというのは、レールに沿ってバーベルが動くマシンで、安全にスクワットやベンチプレスができます。関節の可動域に問題があって通常のスクワットができない方や極端に筋力が弱い方はこちらのマシンでトレーニングします。そういった問題がない方はこれを使うことはほとんどありません。

ケーブルマシンというのはケーブルに付けた重りを引くトレーニングをするマシンで、ラットプルダウンなど背中を鍛える時によく使います。

バーベル

岡崎スタジオでは主にバーベルを使ってトレーニングを行います。バーベルというのは写真のように長い棒の左右にプレート(重り)を付けたものになります。

初心者にプロ並みの設備は必要か?

少しマニアックになりますが、バーベルのシャフトにはノーマルシャフトとオリンピックシャフトの2種類の規格があります。

多くのジムは「プロ並みの設備!」と言ってオリンピックシャフトを用意していることが多いのですが、オリンピックシャフトはバーだけで20kgあります。一方のノーマルシャフトは10〜11kg程度です。

正直、運動を全くしていない女性の場合、いきなり20kgはかなりキツイです。岡崎スタジオでは初心者の方でも無理なく筋トレを始められるようにあえてノーマルシャフトを選択しており、さらに軽い6kgのバーも用意しています。

プロ並みの設備は当スタジオで筋トレを学び、さらに上を目指すときに検討していただければよいと考えています。

パワーブロックダンベル

これはパワーブロックと呼ばれるダンベル(片手に持ってつかる重り)です。こちらは補助的に使うことが多いです。

ベンチやエアロバイク

ベンチは様々なトレーニングで使います。エアロバイクは現在では滅多に使いません。もし使うとしても、いわゆる長くゆっくりという有酸素運動ではなく、HIITと呼ばれる高強度インターバルトレーニングで使います。

 

整体をするときの様子

トレーニング後に整体をするときは折りたたみ式のベッドを設置して行います。折りたたみ式といっても簡易的なベッドではなく、通常の整体院の施術でも使用しているプロ仕様のベッドですのでご安心ください。